就職 適性検査の受け方、2

適性検査には

「間違えるとほぼ100%不合格になってしまう設問」

があります。

その問題を間違えると、あなたは嘘つきとみなされてしまうため、ほぼ100%適性検査以降の選考過程には進めなくなります。

例えば…

「今まで一度も嘘をついたことがないですか?」
「今まで一度も失敗をしたことがないですか?」

この設問に「はい」と答えた場合、あなたの不合格が確定します。

それは、世の中に「一度も嘘をついたことがない人はいないから」「一度も失敗をしたことがない人はいないから」です。これは、自分を過大評価する就職活動生を抽出する為の質問なのです。

このように、あまりに極端な質問には注意をしましょう。

**********************************************************************
【就職ランキング】  ←  ランキング順位急上昇中!

Comments »

 どこで覚えたんだ!? 庵序瑠乃

こいつのフ ェ ラ テ ク、マジはんぱねぇぇぇぇ!!!!
ベロで先っぽチロチロされて、がまん汁止まらなかったっすぅ!!

http://jvcttoc.y66b.kxyasx.info/
  コマネチ
俺は、今まで嘘をついたことがないの質問で"はい"にしたけど内定もらったんだが・・;

100パーセント不合格とかお前誰だよ

Comment posting »

管理者にだけ表示を許可する

 |  | 

Copyright © 2017 適性検査の手引き All rights reserved.
Powered By DTI ブログwith MZ Labs / p2008_k ver2